sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ZDF:4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する

2012-03-10 | 震災・原発 | By: sorakuma



同時通訳の一部が文字起こしされています。
何か障害が発生しただけで全てが終了してしまう可能性があること。
冷却をおこなうのみで、現状維持こそが課題となっていること。
そして、万一4号機が倒壊したら…。

—-
原子力技術者と核エネルギーの専門家併せて80人が彼の下で作業しています。
彼に「掌握はできていますか」と尋ねると
それは東京電力と政府が言っていることです。
全ては安定しているとのことです。
しかしあの中にいる人達は信じていません。
4号機の使用済み燃料プールには1300本以上の使用済み燃料棒があります。
その上、使用前のものもたくさん貯蔵されています。
また強い地震が来たら建屋が崩壊する可能性もあります
もしそうなると新たな連鎖反応が起こるかと考えます

崩れ落ちた原発の周辺地域で今後再び強い地震が起きる可能性も 地震の専門家らによって指摘されています。
もしその時に破壊された原発が崩壊するようなことがあれば、 我々がその現状を既に知っているように 日本にとっては終わりを意味するでしょう。
—-

<参照>
福島第一原発4号機燃料プール
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2012/03/post-566d.html

Related Posts:

Write a comment





*