sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

RussiaToday:毎時10兆ベクレルの放射線放出が続く

2011-08-21 | 震災・原発 | By: sorakuma



日本では報道されない情報はいつも海外から…

バズビー教授 「 毎時 10の13乗=10兆ベクレル/毎時 という膨大な量の放射性物質放出が続いている、と東電担当者が日本の首相に報告していたのを聞いた、という話を聞きました。」

これに対して日本政府は17日 現在の放出量を「最大で毎時 2億ベクレル」(推定。事故当初の1000万分の1)と発表しています。真実はどちらになるのでしょうか…。

※日本語訳は、動画投稿者の訳を使用しています。


ある報告によると、福島第一の原発の事故原因は、地震によるダメージが原因であったのであり
津波が原因ではなかったということですが、日本が地震国であるという常識から考えれば、どういう意味合いを持つのでしょうね?

そうですね、明らかに誰でも思うはずですが、残りの原発も、実際に廃止すべきだ、とほとんどの人がこう思うはずです。
また、ほとんどの人が、明らかに活断層がある場所に原発を建てるとはなんとばかなことだったのかと思うはずです。地震が起こると分かっている場所に建てるとは。
その結果を今、目の当たりにしているのですから。明らかにこれが人々の反応です。

このような報告をお聞きになって、日本の残りの原発はどうすべきとお考えになりますか?

残りの原発もすべて、廃止命令を受けるべきだと思います。
最終的には、原子力発電をあきらめるべきだと思います。
多分ご存知でしょうけど、私に言わせれば、『原子力発電』それ自体が
もう非常に危険なものなのです。
原発を囲いでおおい、放射能が出ないように本当にできるとは誰も思わないはずです
事故の原因となる原発のしくみの話です
将来同じような事故が必ず起こるでしょう
原発事故は非常に恐ろしいものです
ぞっとするような結果を招きます
こんな方法で電気を発電するのはもう選択肢にはなりません
もちろん、今すぐに全部を止めることは難しいでしょう
日本全体が止まってしまうでしょうから
日本はそれほど原子力発電に頼っていますからね
これはいずれ解決すべき問題となります

政府と東電は、事実を追跡している人々から厳しく批判を受けていますが、
彼らが発表する情報の信頼性についてですが
我々はすべての情報を現在、得ているとお思いになりますか?

いいえ。彼らが情報すべてを発表はしていないのは分かっています
私は高性能の放射能測定器を持って行きました
そして満足行くまで調査しました
原発から100kmも離れたところの地面の測定値が
政府の発表の数値よりはるかにはるかに高い値でした
実際のところ、東京(と千葉の間)を走らせた車のエアフィルタによる
測定値は、フィルタに付いた、例えばセシウム137の濃度の値が
1963年の核実験ピーク時の東京の値の1000倍以上です
ですからほんとうに大変な放射能レベルなんです

そして問題は外部被曝の線量にしか注目しない専門家により
このこと(呼吸による内部被曝)が無視されていることです
こういう専門家たちは次のように言います
『外部被ばく線量が、毎時何マイクロシーベルト以下だから』
また彼らは自然界の被曝線量と比べて説明しようとします。
しかし現実的には自然界の被曝量と比べても意味のないことなのです。
実際、東京ほど離れた場所でさえ、放射能汚染は非常に高いレベルです。
例えば、東京のあるサンプルがチェルノブイリの立ち入り禁止区域よりも
高いレベルであるのを見つけました
もう大変深刻な状況なのです

では、福島原発の原子炉の構造物の亀裂はどのくらい危機的なんでしょうか?
警戒すべき状況でしょうか?

今、蒸気が噴出しています
カリフォルニアの測定結果から言えることですが、
この蒸気には、放射線アイソトープ硫黄35が含まれています。
このアイソトープは塩素の中性子線をともないます。
つまりここで起きている状況は、核分裂反応がずっと起きていて
膨大な量の中性子線の流束が出ており、そこへ海水です
膨大な量の放射性物質がどんどん算出され続けているわけです
それを、彼らはこれまでどうすることもできずにいます

東電の担当者が、日本の首相に報告しているのを聞いた、
という人が私に言ったのは、
現在、毎時10の13乗ベクレル(=10兆)の放射能が原発から出ている
と言ったそうです。
ということは、どう考えても大変な自体がいまだ進行中であると
言えるのです。
それはしかし、完全に無視されて全く語られません
日本では、正しい報告がずっとなされていませんし、
また国際原子力機関においてもそうです

わかりました
すぐにまたさらなる情報が出てくるでしょう
欧州放射能リスク委員会科学部長、クリス・バズビー教授でした
今夜はお話下さり本当にありがとうございました

Related Posts:

Comments

Comment from Howdy
Time 2011年8月28日 at 7:25 PM

「RussiaToday:毎時10兆ベクレルの放射線放出が続く」の動画が削除されていますが?

Comment from sorakuma
Time 2011年8月28日 at 10:25 PM

ご連絡ありがとうございます。
動画のURLを差し替えさせて頂きました。

Write a comment





*