sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

英インディペンデント紙:福島原発事故がチェルノブイリを超える惨事となった理由について(追記)

2011-09-01 | 震災・原発 | By: sorakuma


8/29付でイギリスのインディペンデント紙に掲載されていたニュースを訳してみました。
訳にあまり自信がないので、元の英文も併記しています。

9/2 1:00追記—-
邦訳の誤りのご指摘を頂き、反映させて頂きました!
本当にありがとうございます。

9/7 19:00追記—-
バズビー教授の発言について、2点ご指摘を頂き、記事末尾に追記させて頂きました!
情報提供ありがとうございます。

* * * *
Why the Fukushima disaster is worse than Chernobyl
福島原発事故がチェルノブイリを超える惨事となった理由について

Yoshio Ichida is recalling the worst day of his 53 years: 11 March, when the sea swallowed up his home and killed his friends. The Fukushima fisherman was in the bath when the huge quake hit and barely made it to the open sea in his boat in the 40 minutes before the 15-metre tsunami that followed. When he got back to port, his neighbourhood and nearly everything else was gone. “Nobody can remember anything like this,” he says.

イチダヨシオ氏は、53年の生涯で最悪となった日を思い起こしました。3月11日、それは津波が彼の家を、友人を飲み込んだ日のことです。
震災が発生した時、彼は入浴中でした。15メートルもの津波が押し寄せる40分ほど前に、なんとか船を沖に出すことができました。港に戻った時には、あらゆるものが失われてしまっていました。
『面影なんて、もう何も残っちゃいない』


Now living in a refugee centre in the ruined coastal city of Soma, Mr Ichida has mourned the 100 local fishermen killed in the disaster and is trying to rebuild his life with his colleagues. Every morning, they arrive at the ruined fisheries co-operative building in Soma port and prepare for work. Then they stare out at the irradiated sea, and wait. “Some day we know we’ll be allowed to fish again. We all want to believe that.”

イチダさんは今は、相馬市湾岸の避難施設で暮らしています。被災して亡くなってしまった土地の漁師たちを弔いつつ、復興のために心血を注いでいます。毎朝、漁師たちは相馬港の、共同漁業施設の跡地に向かい、復旧活動を続けています。イチダさんたち漁師は、放射能で汚染されたしまった海を見つめては待っているのです。
『いつの日か、また漁ができる日が来る』と。

This nation has recovered from worse natural – and manmade – catastrophes. But it is the triple meltdown and its aftermath at the Fukushima nuclear power plant 40km down the coast from Soma that has elevated Japan into unknown, and unknowable, terrain. Across the northeast, millions of people are living with its consequences and searching for a consensus on a safe radiation level that does not exist. Experts give bewilderingly different assessments of its dangers.

この地の人々は、幾度もの天災、あるいは人災からの復興を遂げてきました。しかし、相馬市から40キロ離れた福島原発で発生した3回のメルトダウンと、その影響により、日本は未知の領域に突入しつつあります。そんな中、東北地方では、数百万の人々が様々な事情から生活を続け、コンセンサスのとれた、安全な放射線レベルを求めています。そんなものは存在しないのにも関わらず、です。専門家たちは、放射能の危険性について一貫した回答を出すことが出来ず、様々な評価を下しています。

Some scientists say Fukushima is worse than the 1986 Chernobyl accident, with which it shares a maximum level-7 rating on the sliding scale of nuclear disasters. One of the most prominent of them is Dr Helen Caldicott, an Australian physician and long time anti-nuclear activist who warns of “horrors to come” in Fukushima.

科学者の中には福島は1986年のチェルノブイリ事故を遥かに超えているという者もいます。福島もチェルノブイリも、原発事故の国際評価基準における最大のレベル7にあたります。
その急先鋒がオーストラリアの物理学者で、長年にわたり反原発活動を続けているヘレン・カルディコット博士です。博士は、福島に災厄が訪れるだろう、と警鐘を発しています。

Chris Busby, a professor at the University of Ulster known for his alarmist views, generated controversy during a Japan visit last month when he said the disaster would result in more than 1 million deaths. “Fukushima is still boiling its radionuclides all over Japan,” he said. “Chernobyl went up in one go. So Fukushima is worse.”

お騒がせで有名な 英アルスター大学のクリス・バズビー教授は、先月日本を訪れていた折、この災害により、100万人以上もの人々が死ぬことになると発言して物議を醸しています。
『福島は未だに日本全体に放射能をまき散らしています』
『チェルノブイリは一度の爆発でした。それゆえに、福島は一層深刻です』

On the other side of the nuclear fence are the industry friendly scientists who insist that the crisis is under control and radiation levels are mostly safe. “I believe the government and Tokyo Electric Power [Tepco, the plant’s operator] are doing their best,” said Naoto Sekimura, vice-dean of the Graduate School of Engineering at the University of Tokyo. Mr Sekimura initially advised residents near the plant that a radioactive disaster was “unlikely” and that they should stay “calm”, an assessment he has since had to reverse.

一方、日本の所謂 御用学者たちは、危機は既に収束し、放射能レベルはおおむね安全であると主張しています。
東京大学のセキムラナオト教授は、『政府と東京電力は、最善を尽くしていると信じています』と述べています。
セキムラ氏は当初、原発近隣の住民に対し、原発近隣の住民に対し、放射性災害は現実的ではない、とし『冷静に行動して欲しい』とアドバイスしていましたが、実態を知って、意見を翻さざるを得なくなりました。

Slowly, steadily, and often well behind the curve, the government has worsened its prognosis of the disaster. Last Friday, scientists affiliated with the Nuclear and Industrial Safety Agency said the plant had released 15,000 terabecquerels of cancer-causing Cesium, equivalent to about 168 times the 1945 atomic bombing of Hiroshima, the event that ushered in the nuclear age. (Professor Busby says the release is at least 72,000 times worse than Hiroshima).

ゆっくりと、しかし着実に、政府は原発災害の予測を下方修正していきました。
8月26日、原子力安全・保安院の科学者は、原発から15000テラベクレルもの放射性セシウムが放出されていることを公表しました。
その規模は1945年の広島原爆に換算するとおよそ168発分に相当します。(バズビー教授は、少なくとも72000発以上である、としています)

Caught in a blizzard of often conflicting information, many Japanese instinctively grope for the beacons they know. Mr Ichida and his colleagues say they no longer trust the nuclear industry or the officials who assured them the Fukushima plant was safe. But they have faith in government radiation testing and believe they will soon be allowed back to sea.

情報の錯綜する中、多くの日本人が独自に調査を開始しました。イチダ氏たちも、もう原発産業も役人も信じられない、と言います。それでも、政府の放射線調査を信じ、すぐに海に戻る許可が降りると信じているのです。

That’s a mistake, say sceptics, who note a consistent pattern of official lying, foot-dragging and concealment. Last week, officials finally admitted something long argued by its critics: that thousands of people with homes near the crippled nuclear plant may not be able to return for a generation or more. “We can’t rule out the possibility that there will be some areas where it will be hard for residents to return to their homes for a long time,” said Yukio Edano, the government’s top government spokesman. “We are very sorry.”

政府の嘘や偽装、隠蔽を指摘してきた懐疑論者に言わせれば、それは間違いだと言います。
先週、政府はついに、批評家たちが長い間論じてきたある事を認めました。原発近隣の、何千人もの人々は、1世代、あるいはそれ以上長い間、戻ることはできない、と。
政府の長官であり、スポークスマンである枝野氏は次のように語りました。
『一部地域の住民は、長期間にわたって帰宅できない可能性があります』
『本当に、申し訳ありません』

Last Friday, hundreds of former residents from Futaba and Okuma, the towns nearest the plant, were allowed to visit their homes – perhaps for the last time – to pick up belongings. Wearing masks and radiation suits, they drove through the 20km contaminated zone around the plant, where hundreds of animals have died and rotted in the sun, to find kitchens and living rooms partly reclaimed by nature. “It’s hard to believe we ever lived here,” one former resident told NHK.

先週金曜日、原発に最も近い双葉町と大熊町の数百人の住民が、所有物を持ち出すため、あるいは最後となるかもしれない一時帰宅を認められました。マスクや対放射性装備に身を包み、原発周辺の20km圏内を通過すると、そこでは、何百匹もの動物が死に、野ざらしとなり、キッチンやリビングが野に飲まれつつありました。
『ここに住んでいたことが、信じられません』
ある農民がNHKにコメントしています。

Several other areas northwest of the plant have become atomic ghost towns after being ordered to evacuate – too late, say many residents, who believe they absorbed dangerous quantities of radiation in the weeks after the accident. “We’ve no idea when we can come back,” says Katsuzo Shoji, who farmed rice and cabbages and kept a small herd of cattle near Iitate, a picturesque village about 40km from the plant.

原発の北西に位置する、いくつかの地域では避難命令の後、ゴーストタウンと化しました。
事故から数週間後、既に致命的な被曝をしたと思われる多くの人々は、あまりにも遅すぎたのだ、と言います。
原発からおよそ40kmほどの離れた美しい村、飯舘村で米やキャベツを栽培し、酪農をしていたショウジ氏は『帰ってこれるかどうか、わからない』と言っています。

Although it is outside the exclusion zone, the village’s mountainous topography meant radiation, carried by wind and rain, lingered, poisoning crops, water and school playgrounds.

飯館村は避難区域外ではありますが、その地形から風と雨により放射能が蓄積して、農作物や水、学校の校庭などが汚染の影響下にあるとされています。

The young, the wealthy, mothers and pregnant women left for Tokyo or elsewhere. Most of the remaining 6000 people have since evacuated, after the government accepted that safe radiation limits had been exceeded.

若者や富裕層、母親たちや妊娠している女性たちは、ここを離れて東京などへ避難して行きました。残された6000人ほどの人々のほとんども、政府の定めた安全な放射能基準を超えたことを受け入れ、既に避難しています。

Mr Shoji, 75, went from shock to rage, then despair when the government told him he would have to destroy his vegetables, kill his six cows and move with his wife Fumi, 73, to an apartment in Koriyama, about 20km away. “We’ve heard five, maybe 10 years but some say that’s far too optimistic,” he says, crying. “Maybe I’ll be able to come home to die.” He was given initial compensation of one million yen (£7,900) by Tepco, topped up with 350,000 yen from the government.

75歳となるショウジ氏は、政府から、育てた野菜を、飼っていた6頭の牛を捨て、73歳となる妻のフミさんとともに20km離れた郡山のアパートへの移住を告げられ、衝撃から怒りへ、そして絶望に包まれました。
『戻れるまで5年、あるいは10年かも知れないと聞いていました。ですが、あまりに楽観的すぎると言う人もいます』と泣きながら語りました。
『もしかしたら、死ぬためになら、自宅に戻れるのかもしれない』
彼は一時金として、東電から100万円、政府から35万円の補償金を支給されています。

It is the fate of people outside the evacuation zones, however, that causes the most bitter controversy. Parents in Fukushima City, 63km from the plant, have banded together to demand that the government do more to protect about 100,000 children. Schools have banned soccer and other outdoor sports. Windows are kept closed. “We’ve just been left to fend for ourselves,” says Machiko Sato, a grandmother who lives in the city. “It makes me so angry.”

しかしながら、最も激しい論争を引き起こしているのは、避難区域外の人々がどうなるかなのです。
原発から63km離れた福島市に子供を持つ親たちは、およそ10万人の子供達を守るため、政府に働きかけるべく団結を始めました。
学校ではサッカーをはじめ、屋外でのスポーツは禁じられ、窓は閉められたままです。
『私たちは自分たちでどうにかするしかないんです』
サトウマチコさんはそのように語っています。
『それがとても腹立たしいのです』

Many parents have already sent their children to live with relatives or friends hundreds of kilometres away. Some want the government to evacuate the entire two million population of Fukushima Prefecture. “They’re demanding the right to be able to evacuate,” says anti-nuclear activist Aileen Mioko Smith, who works with the parents. “In other words, if they evacuate they want the government to support them.”

多くの親達がすでに子供を、何百キロも離れた親類や友人の家に疎開させています。
福島県全域の200万人すべてについて、政府は避難させるべきだと言う人もいます。
『人々は避難する権利を求めているのです』
親たちとともに活動を行う反原発運動家のアイリーン・ミオコ・スミス氏はこのように述べています。
『言い換えれば、人々は避難するなら、政府に支援をしてもらいたいと考えているのです』

So far, at least, the authorities say that is not necessary. The official line is that the accident at the plant is winding down and radiation levels outside of the exclusion zone and designated “hot spots” are safe.

少なくとも今のところは、当局はそれは必要ないと述べています。
政府の見解では、原子炉は安定しつつあり、避難区域とホットスポットを除けば、放射線レベルは安全であるとしています。

But many experts warn that the crisis is just beginning. Professor Tim Mousseau, a biological scientist who has spent more than a decade researching the genetic impact of radiation around Chernobyl, says he worries that many people in Fukushima are “burying their heads in the sand.” His Chernobyl research concluded that biodiversity and the numbers of insects and spiders had shrunk inside the irradiated zone, and the bird population showed evidence of genetic defects, including smaller brain sizes.

しかし、多くの専門家は、危機はまだ始まったばかりであると警告しています。
チェルノブイリ近隣で放射線が遺伝子に与える影響を何十年も研究してきた生物学者のティム・モッサウ教授は、福島の多くの人々が、「現実から目を逸らしてしまっている」と気をもんでいます。
教授のチェルノブイリでの研究では、汚染地域内の昆虫とクモの生物多様性や生息数の縮小、そして、鳥の生態について、脳の縮小を含む遺伝子障害の発生をあらわしていると結論づけています。

“The truth is that we don’t have sufficient data to provide accurate information on the long-term impact,” he says. “What we can say, though, is that there are very likely to be very significant long-term health impact from prolonged exposure.”

『実際のところ、私たちには長期にわたる放射線被曝について、正確な情報を得るための十分なデータがないのです』
『ただ言えることは、長期にわたる放射線被曝が深刻な健康被害をもたらす可能性が非常に高いということです』

In Soma, Mr Ichida says all the talk about radiation is confusing. “All we want to do is get back to work. There are many different ways to die, and having nothing to do is one of them.”

相馬市のイチダさんは、放射能については結局のところよくわかりません、と言います。
『私たちはただ仕事に戻りたいだけなんです。人が死ぬにはいろいろな原因があります。何もすることがないということも、そのひとつなんです』

Economic cost
Fukushima: Japan has estimated it will cost as much as £188bn to rebuild following the earthquake, tsunami and nuclear crisis.
Chernobyl There are a number of estimates of the economic impact, but thetotal cost is thought to be about £144bn.

経済的損失
福島:日本政府は、地震、津波、原発事故からの復旧に1880億ユーロかかると試算。
チェルノブイリ:いくつもの経済的要因がありますが、総計は約1440億ユーロと試算。

Safety
Fukushima: workers are allowed to operate in the crippled plant up to a dose of 250mSv (millisieverts).
Chernobyl: People exposed to 350mSv were relocated. In most countries the maximum annual dosage for a worker is 20mSv. The allowed dose for someone living close to a nuclear plant is 1mSv a year.

安全性
福島:作業員の被曝許容総量は250mSv
チェルノブイリ:350mSvを超えた人々は強制移転。ほとんどの国での作業員の年間被曝限度は20mSv。近隣住民の被曝限度は年間1mSv。

Death toll
Fukushima: Two workers died inside the plant. Some scientists predict that one million lives will be lost to cancer.
Chernobyl: It is difficult to say how many people died on the day of the disaster because of state security, but Greenpeace estimates that 200,000 have died from radiation-linked cancers in the 25 years since the accident.

死者数
福島:原発内で2人の作業員が死亡。100万人が癌で死ぬと予告している科学者も。
チェルノブイリ:災害の影響での死者数をカウントするのは難しいが、 グリンピースは事故発生から25年間で20万人が放射線を原因とする癌で死亡としている。

Exclusion zone
Fukushima: Tokyo initially ordered a 20km radius exclusion zone around the plant
Chernobyl: The initial radius of the Chernobyl zone was set at 30km – 25 years later it is still largely in place.

立ち入り禁止区域
福島:政府は当初、原発から20km圏内を立ち入り禁止区域に。
チェルノブイリ:当初は30km圏内を立ち入り禁止区域に。25年後も継続。

Compensation
Fukushima: Tepco’s share price has collapsed since the disaster largely because of the amount it will need to pay out, about £10,000 a person
Chernobyl: Not a lot. It has been reported that Armenian victims of the disaster were offered about £6 each in 1986

補償
福島:原発事故以降、東京電力の株価が大きく下落。補償額は嵩むと見られているが、1人あたり1万ユーロが支払われている。
チェルノブイリ:1986年にアルメニア人の犠牲者に1人あたり6ユーロが支払われている。

Aid
Fukushima: The UN’s Office for the Co-ordination of Humanitarian Affairs reported bilateral aid worth $95m
Chernobyl: 12 years after the disaster, the then Ukrainian president, Leonid Kuchma, complained that his country was still waiting for international help.

国際支援
福島:援助額は約9500万ドル。
チェルノブイリ:事故から12年後、いまだに国際支援を待ちつづけている。

9/7追記—-
下記についてご指摘を頂いたので追記させて頂きます。
文中におけるバズビー教授のコメント、『100万人以上の死者が…』については、
おそらくはバズビー氏の過去の発言を元にしてる可能性があるようです。
最近の来日時の発言では『10万人以上』として発言しているとのことです。

また同じくバズビー教授のコメント、『広島原発の72,000発』の発言については、
6月6日の保安院発表のデータを元にしたものではなく、
『福島第一原発の使用済み燃料プールの爆発を仮定した場合』の推測であり、
概ねその規模は正しいようです。

Related Posts:

Comments

Comment from nofrills
Time 2011年9月2日 at 12:34 AM

日本語化、お疲れさまです&ありがとうございます。いきなり差し出がましいようですが、細かい部分ですがいくつか気になったので…お役立ていただければ幸いです。(用が済んだらこのコメントは消していただいて構いません)

“Chernobyl went up in one go.”
→「チェルノブイリは一度の爆発だった」

Mr Ichida and his colleagues say they no longer trust the nuclear industry or the officials
→最後のofficialsは「御用学者 (the industry friendly scientists)」ではなく「役人、当局者」(このケースでは経済産業省などの官僚や、東京電力の責任ある立場の人々を指す)

The young, the wealthy, mothers and pregnant women left for Tokyo or elsewhere
→(超直訳)若い人々、裕福な人々、母親たち、妊娠している女性たちは、ここを離れて東京などへ行ってしまった
※andの並置の取り方の問題

“Maybe I’ll be able to come home to die.”
→「もしかしたら(ひょっとしたら)死ぬためになら自宅に戻れるのかもしれない」
※be able toの問題

It is the fate of people outside the evacuation zones, however, that causes the most bitter controversy.
→しかしながら、最も激しい論争を引き起こしているのは、避難区域外の人々がどうなるかである。
※「そんな避難区域外の住民の現実は」とは書かれていません。fateは基本的に、「今後どうなるか」。

if they evacuate they want the government to support them
→避難するなら、政府に支援をしてもらいたいと考えている。
※「(政府の援助が)必要である」とは言っていません。want

So far, at least, the authorities say that is not necessary.
→少なくとも今のところは、当局はそれは必要ないと述べている。
※at leastは先行のso farにかかります。

he worries that many people in Fukushima are “burying their heads in the sand.”
→(直訳)彼は福島の多くの人が「砂の中に頭を埋めている(現実から目を逸らしている)」と気をもんでいる。
※are burying… なので「(これから)目を逸らしてしまう」ではなく、「(現在進行形で)目を逸らしている」。

“All we want to do is get back to work. There are many different ways to die, and having nothing to do is one of them.”
→「私たちはただ仕事に戻りたいだけだ。人が死ぬにはいろいろな原因がある。何もすることがないということも、そのひとつだ」

Comment from sorakuma
Time 2011年9月2日 at 12:51 AM

アドバイス、ご指摘ありがとうございます!

予想以上に多くの反響があり、正直驚いています。
多くの方に見て頂くためにも、ご指摘頂いた内容について、急ぎ反映させて頂きます。
本当にありがとうございます…!

Comment from ni0615
Time 2011年9月7日 at 10:32 AM

翻訳ありがとうございます。

私はこの記事に2点?ハテナがあります。
バズビー博士は、「100万人以上もの人々が死ぬことになる」ではなく「10万以上」と来日講演でいってました。もしかすると100万人は、初期のころの最悪のシナリオでの話なのか、私はしりません。

2つめは、、
「…その規模は1945年の広島原爆に換算するとおよそ168発分に相当します。(バズビー教授は、少なくとも72000発以上である、としています)」
バズビー教授が初期の最悪シナリオ時でいっていたのは、「福島第一原発の使用済み燃料プールが爆発したとしたら、広島原発の少なくとも72000発以上の死の灰が放出される」です。これは計算してみるとホラではありません。6月6日保安院発表のデータに関して言ってたのではないのです。しかしこの記事では、違うものに対する譬えがいっしょくたになっており、保安院が168倍という同じものをバズビー博士が72000倍と言ったかのように誤解を与えています。

あたかも、バズビー博士がほら吹きのような印象です。

~~~~
そうはいっても、大筋は日本の新聞が言及しない重要なことをいっている、貴重な記事だとおもいます。

ni0615拝

Comment from sorakuma
Time 2011年9月7日 at 6:43 PM

こちらこそ、貴重な情報をありがとうございます。

今回のインディペンデント紙の報道について、一部報道では、『100万人以上…』の部分のみが強調されている等、本来の意図を外れた感のある紹介をされているものもあるため、読み解くのに注意が必要であると感じていました。

『100万人以上』、の下りが、おそらくはバズビー氏の過去の発言を元にしてる可能性があること(最近では10万人以上と発言している)、また、広島原発の72,000発の発言が、保安院発表のデータではなく、『福島第一原発の使用済み燃料プールの爆発を仮定した場合』の推測であることについて、記事の中で追記として紹介させて頂ければと思います。

ご指摘いただき、有難うございました。

Write a comment





*