sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

バスビー教授:莫大な放射能を隠蔽する原発産業

2011-09-29 | 震災・原発 | By: sorakuma



バズビー教授の動画インタビューが詳細に邦訳されているエントリがありましたので紹介させて頂きます。

クリストファー・バスビー「莫大な放射能を隠蔽する原発産業」|Canard Plus

紹介させて頂いたサイトでは、バズビー教授の発言のドイツ語訳を日本語に訳し直しています。バズビー教授の発言の詳細な内容が補完され、記述が非常に詳しく参考になります。

以下、邦訳を転載しています。


* * * *

「福島原発事故は、人類史上最悪の原子力事故に発展しました。おそらくチェルノブイリの数倍は深刻な事故です。福島原発から発する放射能汚染は、半径200kmの地域に及び、東京の都市部もその区域に十分含まれます。私は自動車のエアフィルターを計測することによってこの事実を裏付けることができました。主に福島から100km範囲の車と東京南部の車のエアフィルターを合計12個分析した結果、様々な放射性核種が大量に確認されたのです。中でも濃度の高かったのはセシウム134と137です。このことから結論されるのは、福島原発から最低でも 200km の範囲が深刻な放射能汚染を受けているということです。車のエアフィルターが放射性核種を吸引するのですから、人間、特に子供も同様の影響を受けていると考えられるでしょう。(放射能は、活発な成長期にある子供により強く作用します 。子供は、ホルモンによる新陳代謝制御の過程で、こうした放射性物質を甲状腺や骨、心筋の中に多く濃縮させてしまうのです。)

最近になって日本政府が子供達のホールボディカウンターを実施したと聞きました。子供の体内のセシウム量を映像で示す方法が用いられました。厚生労働省はその結果、子供達の健康にまったく無害という結論を導きました。ところが時期を同じくして私は、沢山の親から、子供達にセシウムによる被曝の影響と思われるあらゆる症状が出ている話を直接聞いたのです。このことは私の同僚達の証言とも一致します。ユリイ・バンデルチェフスキー教授は、チェルノブイリでセシウム137の汚染を強く受けたベラルーシーで沢山の住民を診察しました。ベラルーシーのその地域では、人々は心機能に障害を受けていました。この放射性核種が特に心筋に濃縮しやすいからです。セシウム137は特に心筋の神経系統と細胞とを攻撃し、その結果筋肉の細胞が再生不可能なまでに破壊されるのです(脈拍障害、不整脈、心筋梗塞)。ベラルーシーの多くの子供が不整脈や心筋梗塞を患っています。彼らの多くが若くして心臓病で命を落とします。心筋というものが一般的に遅々としてしか再生しないからです。心筋は、寿命の長い細胞によって生涯に一度生成されるだけで、通常1年間で平均1%しか再生されないのです。福島の子供達の心臓へのダメージは、おそらく心細胞の再生スピードが追いつかないくらい大きいものになることが予想されます。

こうした現状を前にして、二つの異なる見解が対立します。ひとつは日本政府の提示する見解で、これは表層的に行われた計測結果をもとにセシウム濃度は健康に害のない程度とされ、問題は過小評価、または無視されます。そして終わりのない議論が、双方の代弁者によってまるでテニスボールのように延々と交わされることになるでしょう。独立の科学者が事態の深刻さを主張すると、政府と御用学者は何もかもたいしたことがないと反撃するのです。そして、絶対に対策を講じなければいけない真の問題は、途中に置き去りにされてしまいます。

私自身、七人の子供と11人の孫を持つ身ですし、推進派と反対派の科学者がバカげた議論のテニスボールをやり取りするほかは何も対策の講じられない間、身を引いて事態の収束を待っていることなんて出来ません。推進派の科学者は、国際原子力界が崩壊するのを防ぐためにすべてを行うでしょう。その間にも、被曝は無制限に大きくなっていきますから、子供達は病気を発症していきます。心臓疾患や様々な癌、そしてその他の病気が被害者を幼くして死に導いていくかもしれないのです。

チェルノブイリ事故以来、私達は放射線被曝がもたらす健康被害や疾病に関して、正確に研究できる状況にあります。 これは今現在初めて経験する出来事ではないのです。被曝の影響がどのような病気を引き起こす可能性があるのか、今ではよくわかっています。これから起こることは、私達には自明なのです。チェルノブイリ以来、私達は今回と同じ種類の放射性核種が、被爆者の身体機能や健康にどのような影響を及ぼすか、徹底的に研究してきました。しかしチェルノブイリの人口密度は、現在の福島とその近郊とは比較にならないくらい低いです。福島事故はだからこそ、チェルノブイリよりも遥かに深刻なのです。

私は前回日本を訪問した時、被害を受けている方々からアドバイスを求められました。そこで、何かをしなければいけないと決意したのです。 嘆いてばかりいる代わりに、私達がどのような防護策をとることが出来るか考えてみましょう。現況の中で実行可能なことはいくつかあります。まず汚染地域の多く方は公式に発表されている数値が信用できなくなっていますから、自分自身の手で放射能汚染を測定することが出来ます。私達には日本政府が公表する線量数値が今でも正確だとは思えません。私自身、行政が子供達の検査で認めようとした値よりも高い放射能汚染値を車のエアフィルターから検出しました。車と人間の子供の空気の吸引の仕方はよく似ていますから、私は行政の発表した数値の正確性に対して疑いを持たざるを得ません。これがまず一点目です。私達の必要としているのは中立な計測値です。

二点目として、被曝をした子供達のために対策を行わなければなりません。方法は二つあります。一つ目は被曝した子供達を放射能のない場所に避難させることです。しかし残念ながら目下、これに対してさらなる問題が持ち上がっているのです。私の聞いたところによると、日本政府は汚染瓦礫を大々的に日本中に移動させ、焼却しようとしているそうです。いったいこれにはどんな理由があるのでしょうか? 皆様にお聞かせしなければならないのは、この政策の裏に潜む残虐な理論です。 子供達が心臓疾患や白血病、その他の病気で死にはじめることになったら、親達は法廷で事態の究明を求めることになるでしょう。親達が日本政府から賠償金を勝ち取るには、子供の死亡率の上昇が、高濃度の放射能汚染に起因していることを証明しなければなりません。このことを証明するためには、放射能に汚染されていない地域での子供のグループも検査して、それを確固とした証拠にしていくことしかありません。ところが目下日本政府が実行しようとしている汚染拡散政策によって、そのような証明方法は完全に不可能にされてしまうのです。まさに日本全土が破壊されようとしているのです! 全国で癌の発生率が上昇し、比較用の検査グループ形成は不可能になってしまうでしょう。子供達は本当は全員放射能のない土地に避難させなければなりません。それが私達の目標のひとつです。

私達の取れる二つ目の対策はとても重要です。それは化学的に放射性物質が体に取り込まれることをブロックすることです。セシウムのほか、行政がまったく測定を行っていないストロンチウムプルトニウムと言った放射性物質が大量に体内に取り込まれることを防ぐことが出来ます。

(ここで電車が通過するため話題が途切れます。”ここはストックホルムの公園です。私はここストックホルムから皆様にメッセージを送ることにしたのです。当地でも、バルト海沿岸全域がそうであるように相当に放射能汚染をしていますが、それはまた別の話です。”)

本題に戻りましょう。私達が講じることの出来る二つ目の方策は、子供達が体内に放射性物質を取り込むことを科学的に阻止することです。甲状腺はヨード剤を服用することで保護できることがわかっています。ただしこれは天然ヨードでなければいけません。ここでも日本政府が一向にこうした対策に関心のないことが明らかです。天然ヨードは、放射性ヨウ素が甲状腺に溜まるのを防止します。他の放射性物質にも同じ方法が適用できます。ウランプルトニウム、そしてストロンチウム90と言った危険な放射性核種が体内に取り込まれるのを栄養サプリメントの服用によって防ぐことが出来ます。ちなみに今申し上げた核種は、行政の行ったホールボディカウンターでは検出することは出来ません。カルシウムとマグネシウムを投与することによって、放射性物質がDNAに付着することを防止できます。子供達を守る基本として、毎日適量のサプリメント服用を実践することが可能なのです。(これは成人や他の家族にも適用できますが、過剰摂取には要注意!)。私達はカルシウム・マグネシウムのサプリメントを原価で親達に配布しようと思います。現在また、セシウム137の影響を防止するサプリメントも準備中です。

こうした対策を実現させるために私達は「福島の子供達のためのクリストファー・バスビー基金(Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima) 」という名の組織を創設しました。 すでに日本語のホームページもあり、日本にいる私の同僚ジェームズ・グラントが管理をしています。さらに私達はヨーロッパやウクライナの高性能の放射能測定器を購入する予定です。子供達の親がこれらの測定器を使って、今後の汚染進行具合を監視できるようにしたいのです。また食品の検査も可能です。汚染地域のスーパーマーケットにもこうした測定器を提供したいと思います。また市民が食料の汚染を測定出来るように現在日本に研究所も開設しようとしているところです。これが私達のプランです。こうしたプランを実現させるために皆様から様々な形での支援が必要です。福島の子供達を守るためです。私達は今やみな、日本政府が福島の子供達を守るための最低限の方策すら取るつもりがないと考えています。日本政府は福島の子供達よりも、国際原子力産業の方が大事なのです。恥ずべきことです。ご視聴いただき、ありがとうございました。

* * ここまで転載 * *

政府が行おうとしていることの一つに、放射性物質を日本中に拡散させることにより、日本中で癌の発生率を上げ、因果関係の証明をできなくしようとしている意図があるとバズビー教授は指摘しています。

賠償金を抑える意図の他にも、事件を過小評価させて首都圏の不動産・地価の下落を遅らせる意図、福島県の住人200万人を使った長期間的な被曝実験という意図、あるいは日本全体や企業を疲弊させアジア圏の一部とするような意図など様々な考えられる要因は存在しています。
どういう目的であるにせよ、国民の健康や生命について蔑ろにされているという事実に変わりはありません。

国や国によって設定された基準が人々を守るものではないことを常に念頭に置かなければなりません。
この国がこういった状況にあってなお、国民の目を逸らさせ、原発を推進しようとしている事実が、それを証明しています。

Related Posts:

Write a comment





*