sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

バズビー教授:心臓病が子どもたちを襲うだろう

2011-09-12 | 震災・原発 | By: sorakuma



日本では報道されない情報はいつも海外から…

クリス・バズビー教授が低線量被曝による子どもたちの心臓病発症について懸念されている動画がありましたので、紹介させて頂きます。

※日本語字幕動画および、邦訳について、より精緻に記載されておりますJunebloke氏の公開されたものを転載させて頂きました!

日本語訳:Junebloke Via:福島の子供たちに心臓病増加の危機! セシウムが影響! バズビー9/11

* * * *

Heart Attacks In Children: Fukushima 6 Months On

欧州放射線リスク委員会のクリストファー・バズビーです。福島とチェルノブイリについてお話いたします。
1.放射線リスクモデルを定義するときは、いつも癌や白血病の発生率が語られます。つまり、現在の放射線リスクモデルは、福島でもチェルノブイリでも、どのくらいの癌や白血病が発生するのかを考察するのです。
しかし、私たちは、チェルノブイリで放射線があらゆる種類の病気の原因になっているのを知っており、その中のひとつが”心臓病”です。


2.心臓病が子供に与える影響について
私の同僚ユーリー・ヴァンシフォスキー、彼は”ベラルーシにおけるチェルノブイリのセシウム137の子供への影響の研究”で有名ですが、90年代後半に”セシウム137でわずか20-30ベクレル/kgの放射線の影響”を受けた子供たちの心臓に不整脈が起っていることを発見しました。そして心臓発作を起こし亡くなっているのです。これは非常に深刻な問題です!
問題なのは、癌や白血病だけでなく、心臓の病気です。通常より高い確率で発病しています。普通は、年を取った大人しかならない病気になるのです。つまり、低線量被曝でどの様な病気を引き起こすのかなのです。
私はこの事について研究を始めました。
2-5歳の子供の心臓の大きさは、この位です。10歳の心臓の大きさは、このトマトくらいです。心臓の細胞が何個あるかわかっています。心臓は、200gの重さで、85gの筋肉組織があります。子供の心臓には、30億個の筋細胞が存在します。
どの様に検証するのかと言いますと、50ベクレルのセシウム137をこの組織に入れます。するとこのセシウム137により、1%の細胞が死滅しました。わずか1%ですが、心臓の筋肉としては25%が失われるのです!
これは大変深刻なことです。なぜなら心臓とその筋肉は、生涯に渡り、常に鼓動をするからです。毎日7000回の鼓動があります。我々は70年生きるのです。この鼓動は一生続くのです。

もちろん、この壊死した細胞は普通は置き換わりますが、1年の内たった1%が置き換わるのです。特にこれらの細胞が損傷を受けると、短時間では置き変われません。セシウム137が、年間50ベクレル/kgでは、セシウムは筋肉を侵すことを実証していますし、ヨウ素は甲状腺に、ストロンチウムは骨や筋肉やDNAを攻撃します。セシウム137は、筋肉を犯します。ですから、心臓の筋肉の影響を注視すべきです!

これが子供の心臓だとすると、原発事故から1年後には、セシウムはとても少量ですが、およそ25%の細胞が破壊されるでしょう。ですから、私たちは、このような影響を予想しているのです。

同様の放射線の影響は、ヴァンシフォスキー氏により以前予想されていました。
そしてこの事は、福島原発事故の影響を受けた地域でも起り、その子供たちは、実際に心臓病に苦しむだろうと思います。ですから、2つの重要な事が言えます。これは、大変重要なことです。

まず最初に、福島原発の放射線の影響を受けている地域の子供たちは、E.G.C.G.、つまり心電図の検査の必要があります。総ての病院が、この心電図の計測機器を持っています。この検査を行えば、心電図にその伝動の問題が表れるでしょう。

これは、ヴァンシフォスキー氏が、偶然発見した方法です。彼は、この報告をした後で、懲役刑を受けました!政府はその報告を信じず、世間を脅かす人物とみなした。その為、懲役刑を宣告され、実際に数年の間、刑務所に入っていたのです。これは、アムネスティや欧州委員会、欧州議会が国際的な問題とするまで続きました。
私は、ヴァンシフォスキー氏と非常に親しくし、一緒に働いています。彼は、放射線生物学で、ノーベル賞を受賞している英雄なのです。彼は、会議で子供たちの心臓病が増加していることを報告書で提出していたのです。

ですから、子供たちは、心電図の計測機で、心臓の伝動に問題があるか計測すべきです。

「疎開については?」

ええ、もちろん、その様な地域からは退避すべきです。
もし、子供たちのなかの誰かに心臓の問題が出た場合は、総ての子供たちが疎開すべきです!
なぜなら、それはセシウム137が、心臓の筋肉をに影響があったことを臨床的に証明したという意味だからです。
心臓は、修復できません。心臓病は、修復できないのです。
子供たちは、心臓病に恐ろしく苦しみ、若くして亡くなるでしょう。

2番目の重要な点は、もし、あなたが心臓発作や心臓病で亡くなっても、あなたは癌では死なない。なぜなら、癌は年を取った人達の病気だからです。遺伝的ダメージが、年を取るにつれてどんどん大きくなり、そして癌になるのです。年齢が高くなれば、発がん率も上がっていくのです。

心臓への影響は、もっと劇的に早く現れます!
福島のように放射能で汚染された地域では、癌の発生率は極端に伸びる事はないでしょうが、心臓病の大きな増加がみられるでしょう!
実際に、ベラルーシでは、癌の増加と、心臓病の極端な増加が見られます。心臓病の極端な増加です!

その結果として、ベラルーシ共和国の人口統計指数をみると、チェルノブイリ事故後に人口増加が極端に減少しています。現在は、その悪影響が出ているのです。
実際、このまま行くとベラルーシの人口は無くなってしまうのです。
そして、これが福島でも起ることだと予想されるのです。
ですから、私は何度も警告するのです。心臓病と心臓発作について注視していき、子供たちをその地域から一刻も早く退避させるべきです!

これは極めて簡潔な計算で、既に計算済ですので、報告書を作成してインターネットで近々発表する予定です。

又、欧州放射線リスク委員会では、ヴァンシフォスキー氏の報告書もウェブ上で見ることも可能です。
欧州放射線リスク委員会のウェブ・アドレスは、www.euradcom.org です。

ご視聴どうもありがとうございました。
* * * *

Related Posts:

Comments

Pingback from 【原発問題】横浜でストロンチウム90検出 原発100キロ圏外に拡散か – おもしろニュース
Time 2011年10月26日 at 9:52 AM

[…] クリストファー・バズビー教授が、低線量被曝による子どもたちの心臓病発症について懸念されています。 心臓病が子供たちを襲うだろう:バズジー教授 ↓ http://sorakuma.com/2011/09/12/3675 […]

Pingback from 【原発問題】横浜でストロンチウム90検出 原発100キロ圏外に拡散か – 世界を見るブログ
Time 2011年11月1日 at 10:44 AM

[…] 心臓病が子供たちを襲うだろう:バズジー教授    ↓    http://sorakuma.com/2011/09/12/3675      31 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2011/10/12(水) […]

Write a comment





*