sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

スキー宅配便を比較する

2011-02-06 | Ski | By: sorakuma

LINEで送る

そのスキー宅急便、少しだけ安く出来るかもしれません。

来週の3連休を使い、スキーにでかけることに。

前回失敗した経緯をもとに、クロネコヤマトさんのスキー宅急便で往復で配送しました。
スキー板、ストックの一式と、スキー靴一式の2個口で、新潟までの往復で4600円ほど。高いなーと思いつつも依頼。

が、ふと思い返して、もっと安い方法はなかったのか…?と疑問に

そうしたら、これをおよそ半額くらいに抑える方法がありました

それは、ゆうパックのゴルフ・スキーゆうパックです。

クロネコヤマトさんのスキー宅急便は、以前は特に大きさの制限がありませんでしたが、数年前から大きさに制限が加わるようになりました
しかし、ゆうパックのスキー宅急便は、この制限がありません

言い換えれば、ゆうパックであれば、スキー板やボードが2セット入っていようが、ウェアやブーツが入っていようが構わない、ということになります。
つまり、こんな一式で送ってしまえばよかった。

これであれば、スキー板一式、ウェアからグローブ、ブーツからアクセサリまで、全部詰め込める一品。宅配便の送付状ホルダーまで装備ましているところが素晴らしい。
今回はもう送ってしまったのでもう遅いのですが、東京から新潟までをホームページで試算すると、片道1350円。2~3度スキーに出かければすぐに元が取れるレベルです。
またしても失敗した!でも、次に備えて買っておくつもりです。

ちなみに、二人でスキーに出かける派の人であれば、さらに2人のスキー道具一式をまとめてしまうことで、4つを1つにまとめて費用を クロネコヤマトさんの 1/4 に抑えることができます。
夫婦でスキーに出かける人であれば、こちらが最適です。

スキーバッグを持っている人もこれから買う人も、こんな基準でスキーバッグを選んでみるのもいいかもしれません。

Related Posts:

Write a comment





*