sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ディスプレイ性能ロードマップから見える iPad 3 のスペック

2011-08-04 | PC / Mobile | By: sorakuma



7月中旬に iPad 3 のモックアップが公開されましたが、そのスペックは未だ明らかになってはいません。

そんな中で、iPad 3 への適用が噂されるRetina ディスプレイのロードマップから次世代 iPad の性能を予測してみました。
Retina ディスプレイは iPhone 4 で既に採用されている超高解像度のディスプレイです。



これは、2012年へ向けてのタッチパネル式ディスプレイの技術的なローマップ資料です。

■ディスプレイパネルの厚さ
・7インチWSVGA:2.35ミリ→1.9ミリ
・10.1.インチWXGA:2.8ミリ→2.3ミリ
■省電力性
・7インチWSVGA:2.5ワット→1.7ワット
・10.1.インチWXGA:3.6ワット→2.2ワット
■解像度
・7インチWSVGA:→1280×800
・10.1.インチWXGA:→1920×1200
■輝度
・500〜600:1→1000:1
■カバーガラスの厚さ
・0.7ミリ→0.4ミリ
■タッチセンサーの厚さ
・0.5ミリ→0.33ミリ

これがこのまま実現すれば、筐体がほぼディスプレイである iPad の機能性は大きく向上することになりそうです。
他のタブレット端末と比較して、何より性能差を感じる特長はディスプレイ・タッチパネル性能ですので、よりシームレスに扱いやすいiPad がリリースされることは間違いなさそうです。

7月に公開されたこのモックアップからどんな進化を遂げるか、今から楽しみです。



Related Posts:

Write a comment





*