sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

長期のセシウム137低線量被曝の危険性

2011-09-19 | 震災・原発 | By: sorakuma


東京大学児玉龍彦教授が書いた、長期のセシウム137低線量被曝の危険性に関するドキュメントを紹介します。

逆システム学の窓-長期のセシウム137低線量被曝の危険性
http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.41.pdf

東日本の住人のほとんどが直面している問題です。是非一読頂ければと思います。

・深刻化するセシウム137の汚染
・セシウム137とは何か?
・“チェルノブイリ膀胱炎”
・チェルノブイリの尿と福島の母乳のセシウムレベル比較
・急がれる除染
・現行法があわない―急がれる法体系の整備
・被災者の立証は不可能である―東電,政府の責任
・我が国の科学技術の粋を結集して

Related Posts:

Write a comment





*