sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ドイツZDF:福島原発労働者の実態

2011-10-08 | 震災・原発 | By: sorakuma



Youtubeで、福島原発労働者の実態と題した動画がUPされていました。

日本語訳全文: http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

動画の日本語訳全文には、目を疑うような内容が記載されています。

原発労働者が身分を補償されず、安全を補償されず、健康や生命を補償されず、人権そのものを否定されるかのような労働条件で搾取されている実態です。

* * * *

「作業員は外部被曝だけでも極めて高いものを受けます。
呼吸や飲食から受ける内部被曝も加えると大変な量です。
最近計測された10シーベルトは、計測器が振り切れたのでそれ以上かもしれません。
人間は7~8シーベルトの被曝で死んでしまいます」。

しかしもっと低い被曝量でも長い期間受け続ければ、
作業員やその子孫に、深刻な健康被害を与える可能性がある。
男性の精巣が高い被曝を受けると、生まれる子供の染色体が損なわれ肩から指が生えるというような手足の奇形や、中枢神経の異常、知能障害などを引き起こすことがあります。

“そんな心配は非科学的である”
そのように事故直後の情報セミナーで主張したのは、福島県の放射線防護健康アドバイザーである。
数々の肩書きを持つこの医者は大真面目に言う。

ニコニコ笑っていれば放射能の被害は受けない、くよくよしていると受ける」と
「動物実験はありませんが、困難なときにもくよくよしなければ健康被害はないのです」
毎時100マイクロシーベルト以下ならいずれにしろ健康には害はありません
毎時100マイクロシーベルトは年間に換算すると876ミリシーベルト
ドイツの原発労働者の被曝許容量は生涯400ミリシーベルトだ。

こうした苦情が事実かどうか確認しに我々は東電本部を尋ねた。
広報担当者は無関係を主張する。
「作業員は現場でリスクの説明を受けていると聞いています」と言う。
それに契約書は東電の出したものではないと。
下請け会社が作業員と結んでいる契約の内容は知りません
我々が知りたいのは、東電が自分の事故を起こした原発で働く人間に
責任を感じないのかということだ。

「すみません、契約内容を存じませんので、コメントもできません
事故を起こした原発の汚い仕事をダンピング価格で請け負わされる作業員。
責任逃れの一点の雇用者
笑えば放射能から身を守れるとアドバイスする医者

これが日本式の人権蹂躙である。
* * * *

Related Posts:

Write a comment





*