sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

枝野氏:「ただちに影響がないは7回しか言ってない」

2011-11-12 | 震災・原発 | By: sorakuma


枝野氏は11月8日の国会で次のように述べています。

「わたくしは3月11日からの最初の二週間で、39回の記者会見を行っておりますが、そのうち「ただちに人体、健康に害が無い」ということを申し上げたのは全部で7回でございます。そのうちの5回は食べ物、飲み物の話でございまして、一般論としてただちに影響がないと申し上げたのではなくて、放射性物質が検出された牛乳が1年間飲み続ければ健康に被害を与えると定められた基準値がありまして、万が一そういったものを一度か二度摂取しても、ただちに問題ないとくり返し申し上げたものです」

ところが…

3月23日の会見ではこのように述べていました。

「(放射線量の)最大値の野菜を10日間食べ­たと仮定しても、1年間の放射線量の2分の1にとどまる。ただちに健康被害が出ることはないし、将来にわたって健康に被害を与える放射線量を受けることはない」と強調した­。同時に「継続が想定されるので、できるだけ摂取しないことが望ましい」

『ただちに』の期限はもはや過ぎ去ってしまっています。
枝野氏の言葉を信じて福島県産の食品を摂取した、あるいは出荷した人々はどう思うでしょうか…。

Related Posts:

Write a comment





*