sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

11月15日、品川区で19マイクロシーベルトを計測

2011-11-20 | 震災・原発 | By: sorakuma


日本各地の放射線測定値を可視化するマップにて、11月15日、品川で19マイクロシーベルト/hという高い数値になっていたことがTwitterで噂されていました。

Twitter @necoyonecoyo
—-
品川の数値、風向きによって19マイクロとか行ってるんだけど。0.04の時もあれば7マイクロの時も…
http://japan.failedrobot.com/
がれき、大田区品川区では燃やさないはずじゃなかったのか?これは19マイクロの時のキャプチャ
http://ow.ly/i/lgYt

—-

品川区でこれだけの放射線が検出されているのはなぜでしょうか?
時期を同じくして11月、東京で放射性廃棄物の受入と焼却が開始されました。

東京都:放射性焼却灰の東京湾への埋立と、震災がれき受入の開始
http://sorakuma.com/2011/10/31/5066

—-
11月2日 朝から宮古市の仮置き場「藤原埠頭」でコンテナに積み込み(6台、最大7t/台)
→夕方までに盛岡駅に搬入(宮古~盛岡は約2時間)
→JR貨物に積み替えし夜中に出発。

11月3日 朝8時頃、東京貨物ターミナル(品川区八潮)に到着。コンテナカーに積み替え
→処分業者に決定した大田区城南島2社、江東区若洲1社へ搬入。破砕処理。

11月4日以降 不燃物は中央防波堤に埋め立て、可燃物は東京臨海リサイクルパワー(株)(江東区青海)で焼却。焼却灰は中央防波堤に埋め立て。
—-

その処理場は、品川区の目と鼻の先にあるのです。

ガンダーセン氏:焼却灰からの放射能が新たなホットスポットを発生させる
http://sorakuma.com/2011/10/24/4946

米専門家、ガンダーセン氏が警告していたように、汚染瓦礫の焼却が新たな汚染を拡散させているのでしょうか…。

Related Posts:

Write a comment





*