sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

冷温停止ではなく、冷却停止していた

2012-01-18 | 震災・原発 | By: sorakuma


福島第一原発が、冷温停止ではなく、冷却停止していたという報道がありました。

福島、電圧低下でプール冷却停止 原子炉注水に影響なし
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012011701002141.html

—-
東京電力は17日、送電設備で同日午後4時すぎにトラブルが発生して短時間の電圧低下が起き、その影響で福島第1原発と第2原発の使用済み燃料プール冷却や汚染水浄化システムの一部が一時停止したと発表した。

第1原発の原子炉注水やモニタリングには影響なく、停止した装置も同日夜までに復旧したが、「冷温停止状態」の維持に不安が残る状況。東電は詳しい原因を調べている。

東電によると、同日午後4時10分ごろに送電網につながる「南いわき開閉所」の設備にトラブルが発生。第1原発2、3、6号機、第2原発1、3号機の燃料プール冷却装置が止まった。
—-

丁度同じ時間帯に、こんな投稿が目に止まりました。
真偽の程は不明ですが…

—-
2012/01/17 22:34
まだ公表されて無い事実をお知らせします
福島第1、第2原発が午後4時過ぎから7時過ぎまで停電
電源確保が出来ず、手動で発電してるみたいです
第1原発の2号機の窒素注入も3時間位ストップしてたもよう
原発に、電源を送ってる田村中継局の不具合によるものみたいですが、復旧はしたけど仮の状態みたいで、いつ電源供給が出来なくなるかわからないとの事
第2原発の方も、冷却水のポンプが3時間位停止し、蒸発状態になってたみたいです…
現在は、何とか電源確保も出来たみたいで、蒸発した冷却水の注入を行ってる最中みたいですが、同時にベントもしなければならない様で、放射性物質が混じった蒸気が放出されるのを避けられない状態って事です…
※私がブログを通して言いたいのは、この事象も国や東電が隠ぺいをするのではないかって事です…
22時半を過ぎようとしてますが、未だマスコミ各社や東電、国からの発表が無いと云う事にも腹が立つこのソースは、今現在第1と第2原発で作業中の方から
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1814733765&owner_id=14921780&&mfre=1
—-
第一原発の電力供給が不安定となり、いつ停電状態を再発させるか分からないこと。
第二原発が蒸発状態にあったこと、かつベント、放射性物質の放出が避けられない状態…。
これが事実であれば、放射性物質降下量の増大を意味することになります。

事実、1月の地震を皮切りに、福島では放射性物質降下量の増加が見られるようになっています。
それが継続した一連の事象から発生したことであれば、福島原発、第一原発、第二原発を含め、予断を許さない状態であることを意味するのかもしれません…。

Related Posts:

Write a comment





*