sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

Sandy Bridge 搭載のMacbook Air リリース

2011-07-22 | Mac, PC / Mobile | By: sorakuma



ついにSandy Bridge 搭載のMacbook Air がリリースされました。
Macbook Airにほとんど唯一といってよかった死角がCPUのパワー不足でしたが、Sandy Bridge 対応のCPUを搭載することで大幅に性能を向上させました。Appleの公称値としては従来機の最大2.5倍の性能比であるとのことです。

詳しいスペックはこちら。→11インチモデルと13インチモデルを比較する 

旧来機との比較は下記の通りになります。

  旧11インチMBA 新11インチMBA 旧13インチMBA 新13インチMBA
ディス
プレイ
11.6インチ
1,366 x 768
11.6インチ
1,366 x 768
13.3インチ
1440 x 900
13.3インチ
1440 x 900
価格 時価 84,800円 / 102,800円 時価 110,800円 / 138,800円
サイズ 0.3~1.7
x30x19.2
0.3~1.7
x30x19.2
0.3~1.7
x32.5×22.7
0.3~1.7
x32.5×22.7
重量 1.06kg 1.08kg 1.32kg 1.35kg
SSD 64GB / 128GB 64GB / 128GB 128GB / 256GB 128GB / 256GB
プロ
セッサ
1.4GHz C2D
(Option 1.6GHz)
1.6GHz Core i5
(option 1.8GHz)
1.86GHz C2D
(Option 2.13GHz)
1.7GHz Core i7
(option 1.8GHz)
メモリ 2GB
(option 4GB)
2GB
(option 4GB)
2GB
(option 4GB)
4GB
GPU Nvidia
GeForce320M
intel
HD Graphics 3000
Nvidia
GeForce320M
intel
HD Graphics 3000
バッテリ 最大5h 最大5h 最大7h 最大7h

最早様式美と言ってもいいMacbook Airですが、完成された造形についての変更はほぼありません。OS X Lionへの対応やバックライトキーボードの復活、Thunderboltへの対応もありますが、スペック上の最大の違いはやはり、Core 2 Duo から Core i5 / Core i7 (Sandy Bridge 搭載CPU)への移行です。

同じくSandy Bridgeを搭載したMacbook Proと比較した場合、おそらくは画像や動画の編集といったCPUスペックがフルに必要となる作業についてはMacbook Proに軍配が上がるでしょうが、SSDを搭載している分、比較的軽い動作については体感で感じられる程度にMacbook Airの方が快適に感じられるはずです。今までもその傾向はありましたが、Macbook Proを使用するほとんどのユーザにとって、Sandy Bridgeを搭載したこのMacbook Airで大抵のことはできてしまいそうです。

※ただし1点だけ気になる点があるとすれば、それはGPU性能です。今年2月にリリースされたMacbook ProでのGPUベンチマークの考察(Nvidia GeForce320Mとintel  HD Graphics 3000 )で指摘されていましたが、ことGPU性能に限っては、単純に性能アップとはいかないかもしれません。
ただし、Macbook Airの用途を考えれば、GPU性能を活かしてゴリゴリ処理を行う…ことは考えにくいので、それほど気にする必要は無いかもしれません。少なくともCPU性能比を考えれば、ほぼ同じくらいの性能は出るはずです。

今回の新Macbook Airの発売を受けて、ある意味オススメしたいのが、旧Macbook Airの導入です。念願のSandy Bridgeということで、新 Macbook Airへの乗り換えを検討しているユーザ層は相当数いると思いますが、筆者が今使用している旧13インチ Macbook Airの使い勝手も相当で、実際にスペック上の不都合は感じません。今回の新 Macbook Airは、もはやALL IN Oneノートに匹敵する性能を持っていると言えますが、あくまでMobile用途に使用する層や、サブノートとして持ち歩きたい層、新たにMac端末を試してみたい層にとっては型落ちの旧Macbook Airでも十分過ぎるほどの性能を持っています。旧Macbook Airの相場は一気に下がることが予想されるので、これを機会に旧端末を導入してみるのも面白いかもしれません。新機種発表の今が特に狙い目です。

7/27追記:
ギズモード・ジャパンさんで、旧Macbook Airと新Macbook Air、Macbook Proベンチマーク比較結果が出ていました。これは興味深い。
新たに生まれ変わったMacBook Airは爆速パワーアップ! なんとMacBook Proをも抜き去る高性能…:ギズモード・ジャパン

同じくギズモード・ジャパンさんで、Thunderboltの解説。なるほど。
アップルの「Thunderbolt」ってそもそもなんだっけ? を解説します:ギズモード・ジャパン

7/28追記:
ITMediaさんでも新旧MacbookAirとVaio Type Zのベンチマーク比較がありました。後編ではWindowsをインストールした場合の性能評価が出ています。
“Sandy Bridge”な「MacBook Air」を新旧比較(前編)
“Sandy Bridge”な「MacBook Air」を新旧比較(後編)

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/2G/64G/802.11n/BT/Thunderbolt MC968J/A
Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/2G/64G/802.11n/BT/Thunderbolt MC968J/A

Related Posts:

Write a comment





*