sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

リクビダートル チェルノブイリ その後

2011-09-21 | 震災・原発 | By: sorakuma



チェルノブイリ原発で、事態を収集するために作業した人々を、ロシア語で『リクビダートル』といいます。
彼らはその後20年、多くが癌や健康被害の発生に苦しんでいます。

放射線と病気の関係は未だ証明されず、手を差し伸べられることもないまま社会の闇の中に消えていこうとしています。
この動画が教えてくれることは、沢山あります。

放射線量の高い汚染地域で生活し続けることがいかにリスクが高いか
今後、どれだけの健康被害をもたらしても、その証明も保証も難しいこと
放射線による健康障害が、その後20年たった今でも存続し続けているということ
また、除染という作業事態が、非常にリスクを伴う行為であること
とても危険!除染作業での内部被曝を避けよう | カレイドスコープ

私たちはこれを知らなければなりません。
本来日本メディアの手により報道されるべき、歴史の中に存在している日本の未来が暗示されています。



Related Posts:

Write a comment





*