sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

大気に含まれる放射性物質の状況

2011-10-12 | 震災・原発 | By: sorakuma


財団法人 日本国際問題研究所のHPにて、「高崎に設置されたCTBT放射性核種探知観測所における放射性核種探知状況」が掲載されました。端的に言うと、大気中に含まれる放射性物質の状況が示されています。

高崎に設置されたCTBT放射性核種探知観測所における放射性核種探知状況
http://www.cpdnp.jp/pdf/111004Takasaki_report_Sep27.pdf

3月時、大気中の放射性物質のは天文学的な数値でした。

9月時点でも大気中の放射性物質の放出は止まっていません。

数値としては大気中に含まれる放射性物質は減少していますが、私たちの吸入による被曝はより深刻さを増しています。
なぜなら、既に降り積もった放射性物質の吸入の機会は減少していないからです。


地上に舞い落ちた放射性物質が風で舞い上がった場合、内部被曝の危険性は10倍にも達する、という報道がなされています。

舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム、直接吸入と比較―原子力機構解析
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201109200045.html

埃の塊には大量の放射性物質を含んでいる可能性があります。
飲食物からの内部被曝と違い、肺に入った放射性物質は体外へ排出されるルートがないため、肺にそのままとどまり続ける可能性があります。
東京は、関東圏では茨城の次にセシウムが降下した地域でもありますが、堆積した放射性物質や、放射性焼却灰が舞い上がった場合、体外へ排出されない吸入被曝の危険性は一層高まっています。

東日本・特に関東圏にお住まいの方、今こそマスクをしましょう。

マスクでは放射性物質の微粒子を防ぐことはできない、と考える方は大勢いらっしゃると思います。
実際に、N95やN100クラスの高額なマスクでないと放射性物質を防ぐことは難しいと言われています。

ですが、ほこりに付着した放射性物質の塊が最浮上したものは防ぐことができます。
いったん地上に降下し、地上から舞い上がった放射性物質は、埃を含んだ塊として大きなものになります。
リスクの極めて高い、ほこりが取り込んだ放射性物質の塊、いわゆるホットパーティクルついては、市販のマスクにも十分防ぐことが可能です。

もし今のどに違和感を感じている方がいましたら、しばらくの間市販の花粉用などのマスクなどで過ごして頂ければと思います。
吸入からの放射線被曝の影響によるものであれば、のどの違和感が大きく軽減されることを実感されるはずです。

≪カワシマ≫ ハイジェニックマスク 50枚 【サージカルマスク】 Hygienic(=衛生的) Mask 50
カワシマ ハイジェニックマスク 50枚

Related Posts:

Write a comment





*