sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

マイコプラズマ肺炎、RSウイルス、循環器系の病気が大流行している

2011-10-27 | 震災・原発 | By: sorakuma


循環器系の病気が大流行しているという報道が相次いでいます。

大流行中のマイコプラズマ肺炎、抗生物質耐性化が9割
http://kenko100.jp/news/2011/10/27/02

—-
通常は秋から冬が日本における流行期とされるが、岩田氏らの報告によると今年は春から流行が始まり、最近再び勢いを増しているという。この調査では、患者から分離されたマクロライド系抗生物質に対する耐性菌の割合は約90%と、過去最高を記録している。
—-

—-
岩田氏らが菌の耐性獲得状況を調べたところ、現在、マイコプラズマ感染症に使われている主なマクロライド系抗生物質すべてに高度な耐性化が認められた。同氏は「(マクロライド系抗生物質が)以前は優れた効果が見られていたにもかかわらず、症状が長期化している症例や重症化例が増えているのはこのため」であり、もはや同薬はマイコプラズマそのものに無効になっているはずとの見解を示している。
—-

RSウイルス、過去最多ペース 専門家が予防呼び掛け
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2011102623311566/

—-
冬場に流行し、乳幼児の気管支炎や肺炎を引き起こす「RSウイルス感染症」が、県内で今年は既に広がっている。例年より2カ月以上早く患者が増え、過去最多ペースで推移有効な治療法や特効薬はなく、専門家は手洗いやうがいなど予防の徹底を呼び掛けている。
—-

Related Posts:

Write a comment





*