sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

免疫力低下に伴い感染症が流行している

2011-10-01 | 震災・原発 | By: sorakuma


普段耳にしないようないくつもの感染症が流行の気配を見せています。

流行する気配を見せている感染症の情報を集めていました。
それぞれの流行の原因が免疫力の低下だとして、免疫力低下の原因は何にあるのでしょうか。
専門家は誰も、その原因について口にはしません。

■ RSウイルス感染症
RSウイルス感染症、今冬に大流行の恐れ 患者数が最多

* * * *
札幌医科大小児科の堤裕幸教授によると、RSウイルスは患者の鼻水やたんに含まれる。せきやくしゃみ、ウイルスがついた手指を通じて感染。4、5日で鼻水やせき、発熱症状が出て、肺炎や呼吸困難で入院する子もいる。ワクチンや効く抗ウイルス薬はない。
* * * *

■ 心血管系疾患
東日本大震災の被災地で心血管系疾患が増加

* * * *
東日本大震災の被災地では心不全や呼吸器感染症が増加し、心血管系疾患も全体として増加していたことが分かった。
* * * *

■ 心筋梗塞
【既に被害で出てる話】福島県の心筋梗塞は放射能によるもの

* * * *
https://twitter.com/#!/saigaisanwa/statuses/115031983859580928
SANWA東日本災害対策室(小林、深谷)
@saigaisanwa SANWA東日本災害対策室(小林、深谷)
【既に被害で出てる話】RT @pochifx: セシウムが心筋に蓄積すると確実に死ぬ。刺激伝導系が全てやられ不整脈で死ぬ。心不全で死ぬ。突然、心室細動、TdP、パルスVTが起こる。まだ報道されてない思う。「児玉龍彦 東大教授」 http://ameblo.jp/pochifx/entry-10987624082.html
* * * *

■ マイコプラズマ肺炎
冬に流行するマイコプラズマ肺炎の患者が急増 9月中旬の患者数は過去最多を記録

* * * *
例年、冬に流行するマイコプラズマ肺炎の患者が今、急増している。9月中旬の患者数は過去最多を記録した。30歳くらいまでの若い年代の発症が多いこの病気だが、風邪と症状が似ているため、見過ごす人が多く、医療関係者は注意を呼びかけている。
季節の変わり目で体調を崩す人が多い中、2011年はある異変が起きている。
埼玉県の南越谷健身会クリニックの周東 寛医学博士は「ことし特に増えているのは、マイコプラズマ肺炎ですね」と話した。
マイコプラズマ肺炎とは、細菌に分類される微生物「マイコプラズマ」による感染症で、子どもから30代までの若い人が多くかかるという。
マイコプラズマ肺炎に感染した男性の肺のCT画像には、本来は黒く写るはずの肺に、クモの巣のような白い影が確認できる。
周東医学博士は「これが肺なんですけれども、この白いところが、つまりこのマイコプラズマ肺炎ですね」と話した。
感染すると、激しいせきと発熱を引き起こす。
* * * *


■ 手足口病
感染症の流行状況 2011年 35週

* * * *
手足口病の報告数は減少が続いていましたが、今週はわずかに増加しました。外出後の手洗い・うがいとともに、十分な休養をとるよう心がけてください
* * * *


大きなニュースとはなっていませんが、感染性胃腸炎、ヘルパンギーナも静かに流行しています。
8月から9月にかけては、児童の『熱中症』が多く取り上げられ、話題となっていました。

放射能で広がる異変~子どもたちに何が起きているか

こういった『異変』は、5月~6月には兆候としてあらわれていました。
正体不明の体調不良、異変に、ただ病名として名前が与えられたに過ぎません。

広島や長崎で原爆が投下された後に、『ぶらぶら病』といわれる被曝を原因とする症状が発生しました。
病名が与えられない、原因不明の体調不良が水面下で広く広く浸透している可能性があります。

かくされてきた被曝「ぶらぶら病」

今統計としてあらわれている、流行として報道されている病気が全てではありません。
原因不明の体調不良、止まらない咳、喉の痛みや出血、鼻血、いつの間にかに発生していた体のアザ。

フクロウの会などの調査では、土地の放射能汚染状況と内部被曝の深度は密接にリンクしていると言われています。
内部被曝が免疫力低下の原因であれば、汚染地域に住むすべての人々の健康が、現在進行形で脅かされていると言えます。

学校や職場で、ずっと咳をしている人はいませんか?
家族や友人が体調を崩していませんか?
家族と、友人と連絡を取り合い、3月以降、今までにない体の異常がないか確認して下さい。
私自身東京在住ですが、7月以降、喉の痛みや、出血を伴う痰、見に覚えのないいくつかの体のアザなどが継続して発生しています。

30日、さいたま市の小学校で、駅伝の練習をしていた生徒が亡くなりました。原因は明らかになっていません。
駅伝練習中の小6女児倒れ死亡

* * * *
練習は6年の男子20人と女子17人が参加し、教諭や教育実習生の計9人が指導。11月1日に開催される同市大宮支部の小学校駅伝大会に出場するため、補欠を含む男女各10人を選考していた。(共同)
* * * *

地区大会の選抜候補となるような生徒が、1000メートル走っただけで亡くなるようなことがあるでしょうか?

体に異変があってから考えるのでは手遅れになってしまう可能性があります。
『慢性的な体調不良が続いている』『今までにない体調の変化が発生した』そういったことが発生していないか、今一度振り返って下さい。

現在の暫定基準値レベルの食生活は、3年で致死量に達します。

国の暫定基準値は全面核戦争時の食物の汚染上限

今の生活が続けば、10年後には95%以上が致死量に達し、半数が死亡する可能性があると言われています。子どもの汚染は、大人の数倍です。
被曝を続けてからガンを発症させるまで、あるいは心臓病を発症させるまで、中間の症状がないと思いますか?
放射性物質の放出は今も数億ベクレルという単位で継続し、福島の除染は数万年単位で難しいでしょう。
それが福島だけに終わるか、東日本のどのエリアまで及ぶかは、現状公開されている汚染マップを見れば、ある程度の予測はつきます。

政府やマスコミは事実を隠すでしょうが、事態が隠しきれなくなったときは、福島のみならず、汚染地全てが『死の街』となってしまっているはずです。

免疫力の低下、感染症の発生、事態はそれで終わらず、今なお現在進行していることを自覚しなければなりません。
次はおそらくは、心臓病か呼吸器系の障害が多発し、5年先には子どもたちの甲状腺がん、10年から20年が経った段階で、大人も含めガンが多発することになります。
それが、チェルノブイリやベラルーシから学べる、私たちが直視しなければならない現実です。

Related Posts:

Write a comment





*