sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

豆乳で生活する

2011-02-26 | Lifehack | By: sorakuma


ヨーグルト生活とあわせて、もうひとつオススメしたいのが、この豆乳生活です。

豆乳というと、よく引き合いに出されるのが牛乳です。どちらも非常に優秀なエネルギーバランスの飲み物ですが、豆乳は牛乳と比較して、カロリーや脂肪がだいたい2/3 ほどに低く、タンパク質が豊富です。牛乳のカロリーの大半は炭水化物と脂質なので、炭水化物と脂肪を抑えつつ、タンパク質の摂取が必要な場合に有効です。、端的に言えば、毎朝牛乳を飲む人が、豆乳に切り替えるだけで、かなりのダイエット効果が期待できます。

反面、牛乳に比べて不足するのがカルシウムです。成長期の子どもさんなど、発育にカルシウムが必要な時期には牛乳の方がより望ましいかもしれません。

牛乳と比較した場合、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする成分が豆乳には含まれていないので、牛乳がダメな人も安心して飲むことができることも特徴の一つです。

豆乳の最大の特徴は、大豆イソフラボンが豊富に含まれていることです。大豆イソフラボンは抗酸化作用があり、骨粗しょう症や、更年期障害、美容などにも効果があるとされています。サプリメントで過剰に摂取するのはよくないとも言われますが、大豆製品の食物で摂取する分には、さほど気にする必要がないとも言われています。

敢えて言えば、豆乳は、味に若干クセがあるのが難点かもしれません。例えば成分無調整のものと調整のもので味が大きく変わりますが、自分は、この紀文の調整豆乳しか基本的に飲みません(飲めません)。それに加えて、アミノコラーゲンにミロを加えています。コラーゲンを加えるようになってから、肌の調子が目に見えてよくなりました。また、ミロを加えると、甘口のミロの味になるので、とても飲みやすくなります。
アミノコラーゲンも豆乳も、炭水化物を抑えつつタンパク質を摂取できるので、これも体質改善やダイエットに効果的な組み合わせになります。

もう一つ優れているのは、豆乳は日持ちが効くことです。牛乳の場合、大量に買いだめすることはできませんが、未開封の豆乳は、軽く2ヶ月は持ちます。自分は豆乳を24本まとめ買いしていて、だいたい3~40日ほどで消費しています。これもまとめ買いしているので、だいたい1パック200円程。牛乳は1リットル168円くらいでもっと安い場合が多いですが、定期的に購入しなければならず、重さも重く、かさばるのでコマメに補充する必要があります。常温で日持ちがきく豆乳をまとめ買いしておくことで、そんな手間も解決できます。

よかったら豆乳生活、はじめてみませんか?

Related Posts:

Write a comment





*