sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

SPEEDI予測「一般にはとても公表できない内容だった」

2012-03-03 | 震災・原発 | By: sorakuma


千葉日報でこんな記事が取り上げられていました。

SPEEDI予測「公表できない」 文科省文書に記載
http://www.chibanippo.co.jp/c/newspack/20120303/71388
—-
東京電力福島第1原発事故5日目の昨年3月15日、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測について、当時の高木義明文部科学相ら政務三役や文科省幹部が協議「一般にはとても公表できない内容と判断」と記した内部文書が作成されていたことが2日、同省関係者への取材で分かった。
文科省は「事務方が作ったメモだが不正確。公表の具体的な判断はしなかった」と内容を一部否定している。
事故直後のSPEEDIの試算公表をめぐる文科省の議事録などは公表されていなかった。
—-
一部大臣が存在すら知らなかったとしているSPEEDIですが、実際には「一般には公表できない内容と判断」する内部文書が作成されていたようです。
これが事実であれば、その他、議事録は作っていなかったという、子供じみた言い訳も覆るのかもしれません。

政府の秘密主義は今回にかぎったことではありませんが、事態が深刻な状況となるほど、私たちに知らされることはないのかもしれません。
4号機の燃料プールの問題、そして2号機の温度の問題など、あるとき突然情報がストップした時、それはまさに公表できない事態が進行している状況なのかもしれません。

Related Posts:

Write a comment





*