sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

2011年4月8日、放射能が日本を包む(Weather Onine予測)

2011-04-04 | 震災・原発 | By: sorakuma


下記は、日本時間4月8日午前3時の拡散予測です。

そしてこちらが、日本時間4月8日午前6時の拡散予測です。

日本中が完全に包まれてしまっています…。

この情報は、本来日本の機関、SPEEDI※が出すべき情報ですが、おそらく内部的には公開されていても、一般に公開されることはないのでしょう。~県産なら大丈夫、とか、そういった垣根はもはや存在しないかもしれません。これが、対策を遅れに遅れさせた政府と東電が日本、ひいては全世界にもたらした結果です。

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ※)は、原子力発電所などから大量の放射性物質が放出されたり、そのおそれがあるという緊急事態に、周辺環境における放射性物質の大気中濃度および被ばく線量など環境への影響を、放出源情報、気象条件および地形データを基に迅速に予測するシステムです。

水は蒸留や濾過により、放射能を除去することが可能です。大気は、マスクをすればある程度は防ぐことができるでしょう。(ただし、部屋の中でもそうせざるを得ない状況になるかもしれませんが)しかし、食料だけはどうにもなりません。水と土が汚染され、植物が汚染され、食物連鎖により生物濃縮が行われると、食物連鎖の上位の食物はすべて汚染を覚悟しなければならないこととなります。もはや、日本国内で放射能を避けて過ごすことができなくなりました。菅首相は、東日本が滅びると口にしたそうですが、東日本だけでは済まないかもしれません…。

Related Posts:

Write a comment





*