sorakuma

そらくま。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図(6)川で何がおきているのか」(後半詳細)

2012-06-22 | 震災・原発 | By: sorakuma



ETV特集
2012年6月10日(日) 夜10時
2012年6月17日(日) 午前0時50分 再放送
ネットワークでつくる放射能汚染地図6
川で何がおきているのか
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0610.html

—-

福島第一原発事故により、大気中にはおよそ90京ベクレルという、大量の放射性物質が放出された。原発事故から1年あまりたった今、事故直後には汚染がみられなかった場所で次々に新たな汚染スポットが見つかり、汚染地図の更新が必要になっている。その原因と考えられているのが、水による放射性物質の移動である。河川を介して放射性物質はどのように広がっているのか。
番組では川が放射性物質を拡散するメカニズムを明らかにするため、福島県を水源とする阿武隈川、阿賀野川という二つの一級河川の上流から下流まで400か所以上で専門家とともに独自の調査を行った。

福島県中通り地方を縦断し宮城県沖に流れ出る阿武隈川。文部科学省の報告書によると阿武隈川には一日当たり1700億ベクレルの放射性物質が阿武隈川を移動している。私たちの調査では水そのものからはほとんど汚染は検出されなかった。しかし、川底の土からは場所によっては6万ベクレルを超える高濃度の汚染が検出された。

一方、福島県から新潟県へ流れ日本海に注ぐ阿賀野川の河口付近でも川底の土から汚染が見つかった。ここでもやはり川底の粘土鉱物が放射性セシウムと強く結合し、汚染の原因となっていた。阿賀野川の上流にあたる会津地方は、事故直後に原発周辺の住民が避難するほど汚染が低い場所だったはずだ。調査の結果、阿賀野川の支流の放射性物質の量が、雪解けを挟んで大きく跳ね上がっていた。これが粘土鉱物と結合し、はるか遠くの日本海側まで移動する実態が浮かび上がってきた。

番組では、去年の11月から半年間の独自調査を元に「水」によって集められ、「川」という道で予想外に遠くまで移動し、溜まり、汚染を拡大させる放射性物質の実態と、その動きに翻弄される流域住民の苦悩を伝える。

—-
頂いたコメントを元に記事を再構築しました!
—-
(33分31秒)
原発から近く汚染が深刻な地帯を流れる阿武隈川。
文部科学省の調査によって、この(阿武隈)川が、大量の放射性物質を海へと運んでいることが明らかになっています。

(33分54秒)
その総量は、河口から66キロの地点で一日あたり、1,700億ベクレル。
この膨大な量の放射能は、流域で何を引き起こしているのでしょうか。

今回の私達の調査で、高い濃度の汚染が、数多く見つかったのが、人口33万の郡山市です。
郡山市の空間線量は毎時0.5から1.9マイクロシーベルト。比較的高い場所が市の中心部に拡がっています。

※ 毎時1マイクロシーベルト(1μSv/h)は、およそ年間、つまり365日×24時間で8760マイクロシーベルト。
つまりは8.76ミリシーベルトですが、安全を見て10ミリシーベルト弱位と考えておくとわかりやすいです。
郡山市の例では、年間で5ミリシーベルト弱から19ミリシーベルトくらいの被曝線量になります。
チェルノブイリ法を当てはめた場合、5ミリシーベルト以上が人が住んではいけない地域ですから、
大都市である郡山市でさえ、大部分は人が住めないことになります。

市内を水路が縦横に走っています。
私達は阿武隈川の合流点(本流と支流の合流点)を調査しました。

その一つ、逢瀬川(おうせがわ)が阿武隈川に流れ込む場所です。
川岸には、砂の上泥が薄く溜まっていました。阿武隈川で、みたのと同じバーミキュライトを含む細かい粘土です。
※ バーミキュライトがセシウムを吸着する仕組みは前半部分で説明があります

(35分20秒)
検出された放射能セシウムが、1キログラムあたり、16,670ベクレル
他の3か所も(62,110ベクレル、15,190ベクレル、8,414ベクレルと)、軒並み高い数値でした
支流や水路の上流点を調べると、数値が合流点(38,680ベクレル)に向かって徐々に高くなっていました。
都市部に汚染が集まり濃縮されたことが推測されます。

雨が降ると市街地の建物や、街路樹の道路等についた細かい土と共にセシウムも流れます。
いわば、天然の除染です。セシウムは、水路から川へと流れ込み集まって来るのです。

合流点の汚染が最も高い水路(38,680ベクレルと62,110ベクレルを結ぶ水路)、 その水路は、住宅地に囲まれた町の中心部を通っています。
その途中には、二つのため池が在りました。
二つのため池は、荒池(あらいけ)と酒蓋池(さかぶたいけ)。
ため池の周辺の住宅地は、空間線量が高く、住民達が不安を訴えています。

もし、池に放射能が溜まったとしても、水の遮蔽(しゃへい)効果で、周囲の放射線量は高くはならないはずです。
しかし、池は震災で壊れた護岸を修理するため、去年の12月に水が抜かれ、底がむき出しになっていました。
池の周りの公園は、市が汚染された土を取り除き除染しました。

それでも、空間線量は、地上50センチで、毎時1.29マイクロシーベルトと高いままです。
(※年間ではおよそ12ミリシーベルト弱。人が住むことが許されないレベルです。)

獨協医科大学、放射線衛生学の木村真三氏:
「やっぱり、1.2マイクロシーベルトを超えるというのは、気持の良いものではないですよね。」
(※除染前の数値は毎時2.44マイクロシーベルト。年間では20ミリシーベルトを超えるものです。チェルノブイリ法では強制避難が適用されるレベルです。)

(37分53秒)
「平均値で言うと、毎時7.3マイクロシーベルトになりますかね!」
※フランス・アレバ社のMYRATE・PDR101の携帯用測定器の測定による。年間では60ミリシーベルト以上となります。

池には、水路を通じて、周辺の住宅街から、水が流れ込んでいます。
木村さんはその水の流れに沿って池の三か所で泥を採取しました。

(38分30秒)
その結果、荒池は、水の入り口付近で1キログラム当たり167,100ベクレル
中央部で231,700ベクレル水の出口では、161,600ベクレルという高い数値が出ました。

(39分47秒)
となりの酒蓋池(さかぶたいけ)では、水の出口付近で299,000ベクレルという高濃度の汚染が見つかりました。
酒蓋池の水の入り口 81,200ベクレル中央部 118,000ベクレル水の出口 299,000ベクレル

木村さんは、住民にこの結果を伝えました。

酒蓋池周辺の住民は、これまで、自主的に通学路などの除染をして来ました。
しかし、池の周辺では空間線量はなかなか下がりません。
『小さな子供がここに住み続けて良いのか』と悩んでいます。

※非常にリスクを伴います。内部被曝レベルは、土地の汚染レベルにほぼ比例すると言われています。

木村真三氏:
「それは、やはり、この土地から離れたくないという人が居らっしゃいますし、その人達をどう意を汲むのか」
男性住民:
「文部科学省の結果では、我々のつるみ団地域は、(事故後一年間の積算線量は)7.2ミリシーベルト/年なんです。」
男性住民:
「道路の脇の側溝を測るとですね、それこそ、10ぐらいのところも在って、5ぐらいのところも、結構高い所も在るのです。」
木村真三氏:
「汚染レベルというのは、この池に溜まった放射性物質がヘドロとくっついて、たまっているんだよ。これが空間線量を上げている原因ですと。これを解決するためには、このヘドロを取る。除去することが一番大切です」
男性住民:
「借り置き場が無いからできないということで、未だにまだ、それなんですよね」
木村真三氏:
「まずは、取ったら、線量は下がるのですよ。きれいに。だから、取ったものを、どこに集めるかと言ったら、コンクリートの大きなものをいくつもコンテナ見たいな箱を売っているから、そのコンクリートの箱を用意して、この池の真ん中に置いて下さい。池の真ん中に置いて、人の家から一番離れた所じゃないですか。真中というのは。そこに置いて頂いて、そこに詰めて下さい。そうしたら、流出はしないでしょ。コンクリートだから。それで、空間線量は下がります。まず仮置き場ということ、次の置き場が決まるまでは、そこに置いてもいいんじゃないかという、まあ、そういう方法も一つございますと」
池の対策を行政に働きかけて行くことにしました。

※除染を行った公園の看板によると、除染前は年間で20ミリシーベルト超、除染後も10ミリシーベルト超です。
いずれも長期間の生活においては非常にリスクが高いと考えられる数値になります…。

木村真三氏:
「きついかもしれません。あきらめない」
6月7日の時点で、酒蓋池周辺の空間線量は、毎時1.2マイクロシーベルト、このままでは、住民の被曝線量は年間の限度量、1ミリシーベルトを超えてしまいます。
※ 状況を過小評価した表現です。年間で10ミリシーベルト超、年間の限度量の10倍もの値であり、チェルノブイリ法では強制避難が必要なレベルです。

今回の調査では、川沿いで、高濃度に汚染されたホットスポットが他にもいくつも見つかっています。
福島市では、原発事故直後に、放射能が流れ込み、毎時24マイクローベルトという高い空間線量を記録しました。
※ これは、年間200ミリシーベルトを超える値です。
中でも、阿武隈川に面した渡利地区は、雪に運ばれた放射能が土壌に沈着しました。渡利地区の河川敷三か所で調査を行いました。その内最も汚染が高かったのが、この排水路です。雨や除染の時に出た水等が、ここに流れて来ます。

※ ALOKA社のTCS171の計測器、上限の30マイクロシーベルト/時を軽く振り切ってしまい、OVER、計測不能と表示されています

野口邦一氏:
「ここ一帯、ずっとそうですね。」
「毎時30マイクロシーベルトを超えている。えらい値です。」
毎時30マイクロシーベルトとは、もし、ここに人が立ち続けたら、34時間で、年間の被曝限度量の1ミリシーベルを越えてしまう強さです。
※ 実際の数値はマイクロシーベルト超ですので、それより短時間で被ばく線量は1ミリシーベルトを超えることになります。

放射線を発していたのはこの黒い土です。測定の結果、1キログラム当たり43万ベクレルという高濃度のセシウムが検出されました。
※ この土は乾ききった排水路の通り道に在る乾いた土で、乾燥しています。微粒子になって飛散した場合、吸入してしまうとリスクの高い内部被曝になることが想像できます

野口邦一氏:
「43万ベクレル/Kgという土壌が、決して広い範囲に在る訳ではなくて、たとえば、1平方メートルとか、2平方メートルとか、そのくらいの範囲での汚染で、言って見れば、渡利地区というホットエリア。ホットスポットと呼ばれる比較的放射性物質が多く落ちたものが雨などで、側溝に入って濃縮された部分がまたさらにあそこでつかまって、土壌にとどまっているセシウムがそこのかなり濃度が高い訳ですけれどもね。そこに近づかないようであれば、人への外部被曝は問題にならないと思うのですね。それからもともと、川底なのですから、食べるわけではない。であるとすれば、人への影響は、放水の時にめぐりめぐって、食べ物の形で、我々に入って来るのが多分可能性としては考えられるのではないでしょうかね。」
※ただし、直前で野口氏は、「この一帯はずっとそうですね」と発言している

5月上旬、東北地方を低気圧が通過。福島でも100ミリ近い雨が降りました。その翌日、渡利地区の排水路を水が流れていました。水は汚染された土の上を通り、阿武隈川へと流れ込みます。阿武隈川には、200近い支流と無数のは排水路が在ります。雨が増水するたびに、泥水が流れ込み下流へと移動してゆくのです。

しかし、汚染は、一気に海へ流れ出る訳ではありません。
福島市から阿武隈川を下った伊達市です

東北大学 地学 箕浦 幸治氏:
「橋の下で、ちょっと低い、特に、ここら辺(河川敷)は、ものすごく高くて、毎時2マイクロシーベルトです」
この河川敷は、去年秋の台風の時、全て濁流に飲み込まれました。水がひいたあと、大量の泥が取り残されました。

「凄く高いですよ。今ここで、空間線量率、毎時1.2マイクロシーベルト。これが運ばれて来た土じゃない。だから河川がこの辺(肩の位置まで)増水したのでしょうね。その間、ずっと河口まで流れて、減水する時に、ゆっくりとその時に沈殿する。」
流木に泥が付着していました。この流木についた泥から1キロ当たり13,250ベクレルのセシウムが検出されました。
河川敷の汚染が増水すると、再び下流に流され、そこで、新たな汚染エリアを作りだすのです。

阿武隈川を管理する国土交通省に川の除染をいつ始めるのか尋ねました。
国土交通省の回答:
「環境省のガイドラインに従い、陸地の除染作業が一定程度進捗した後に実施を検討する。」
体的な計画はまだ立てられていません」

水によって、移動する放射性物質、稲作への影響も危惧され始めています。

伊達市では、3,000軒の農家がコメを作っています。
この町も事故後に降下した放射性物質で水田の土が汚染されました。
去年一部の水田の米から食品の暫定基準値1キログラムあたり、500ベクレルを越えるセシウムが検出されました。しかし、同じ地区でも水田によって、汚染が出た所と出ない所がありました。

米の汚染の原因は、事故後の土の汚染だけでは説明できないのではないか。農家が注目したのは、水田に引く水でした。
柳沼正弘さんは、去年作った米から200ベクレルを越える汚染が見つかりました。柳沼さんの水田には大雨が降ると濁った泥水が入ります。柳沼さんは、この泥水が気がかりでした。

「山の水から、あれからみんな集まって来るからね、それが入って来るからね」
柳沼さんの水田で空間線量を調べてみました。一枚の田を60に区切り調べたところ、水の取り入れ口が毎時2.74マイクロシーベルトと最も高く、出口に行くほど空間線量は低くなりました。水田に入る水も汚染に関係していると推測されます。

セシウムは、どのようにして稲に入りこんでいるのでしょうか。
栽培学が専門の根本圭介さん。根本さんは、泥水の中に含まれる土に注目しています。

(51分20秒)
根本圭介氏:
「土の中には色々な成分が在るわけです。中には、もう一遍、そのセシウムを酵素の隙間にはめ込んだら、もう容易には離さないような、そういう粘土の成分もありますし、同じ粘土でも、表面にゆるくセシウムを保持して、またそれが、容易に離れるような粘土の粒子も在ります。」
根本さんが考えるセシウムが稲に入りこむメカニズムです。
バーミキュライトに固定されたセシウムは、イネには入りません。

しかし、拘束力が弱い一部の泥からは、セシウムが分離されることがあり、それが水中に伸びた根を通じて稲に入りこむ可能性があると言うのです。

私達の調査では、阿武隈川の水に含まれる放射能は、殆どの場所で検出限界以下でした。

米から1ロあたり、100ルを越える汚染が出るものなのでしょうか。
根本さんは稲を水だけで栽培する実験をしました。
1リットルあたり1ベクレルのセシウムの入った水で栽培すると、茎や葉から1キロ当たり590ベクレルのセシウムが検出されました。米に移行するのは、その数分の1と考えられますが、それでも、稲はセシウムをかなり濃縮することになります。

根本の研究では、以下のようにまとめられています。
・0.1ベクレル/リットルの水で栽培した稲:キロあたり76ベクレル
・1ベクレル/リットルの水で栽培した稲:キロあたり590ベクレル
・10ベクレル/リットルの水で栽培した稲:キロあたり5700ベクレル

「実際の田んぼで、このような吸収が起こるとは私達は勿論考えていませんけれども、もし、仮に土からではなくて、水から稲が直接放射性セシウムを吸収したとしますと、かなり高い確率でセシウムを実際に吸収してしまう。そういうことをこの実験は意味しているのです。」

何とかして、汚染の無い米を作りたい。
柳沼さん(農家)の元を訪れた根本さん(東大栽培学)は、一つの提案をしました。
「こちらに波板を入れて、(田んぼを半分に区切り)・・・・」
水田の一部には泥水が入りにくくした水路から澄んだ水を引きます。
もう一方には、去年と同じ濁った水を入れて比較します。
泥水が本当に汚染の原因なのか、対策を考えようとしているのです。

4月下旬、会津坂下町。
町の詳細な汚染の実態を把握しようと調査を始めたのです。
避難所の施設の中庭の芝生の中のブランコの在る地上1メートルで、毎時0.28マイクロシーベルト

ここは、5か月前ホットスポットが見つかった旧宮川です。
「高さ50センチで毎時1.13マイクロシーベルト」
新たに測定したところ、土壌汚染は2倍近く、キロあたり17,000に上がっていました。
※ 5か月前は8,790ベクレル
この川の汚染を取り除くことで、下流の阿賀野川の流域の汚染を防ぐことにもなります。
町では夏から川辺の除染を始めることにしています。

天然アユの漁場。宮城県丸森町。
阿武隈川漁協は、3月1日安全が確保できないと、自主的に禁漁を決定しました。
漁協は、今後町の協力を得ながら川の汚染の実態を調べて行くつもりです。アユやヤマメの豊かな漁場の復活をめざします。
「川をとにかく昔のように取り戻したいのですよ。」
「多分、底泥の汚染も含めて長期間で考えなくてはいけないと思いますけれども」
「我々は、これからあきらめないでやっていこうとするには、方法としては、やっぱり、汚染状況のきちんとした調査、増水するたびに、汚染状況を改善されているのか。改善されていないのか。なおかつ、その中で魚の検体も調べていかなきゃならないんでしょうね。投げないでね。あきらめないで。」

福島原発事故から1年と3カ月、この間、水が放射性物質を運び、川のあちこちで水のホットスポットを作っていました。
半年間にわたる調査の結果出来た川の汚染地図です。

古来、瑞穂の国と呼ばれ、豊かな水の循環の中で暮らしてきた日本。
そこで入り込み移動し続ける放射能汚染を「止める手立て」が今求められています。


次回の放送では、核燃料サイクル迷走の軌跡が取り上げられます。


半年間の調査結果わかったことは、川の水が放射性物質を下流に運び、新たなホットスポットを生み出していることです。
福島第一原発事故はまだ何も終わっていません。

東京湾の汚染の実態も、7ヶ月間で最大13倍になったという調査結果が出ていました。

東京湾の海底土のセシウム、7か月で13倍に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120513-OYT1T00617.htm
—-
東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5~13倍に増えたことが、近畿大の調査で分かった。
東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されたセシウムが、河川から東京湾に流れ込んだとみている。
同大の山崎秀夫教授(環境解析学)は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した
深さ1メートルまでの土に含 まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305~2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果(同578~1万8242ベクレル)を3か所とも 上回った。
海底面から深さ6センチまでのセシウム濃度は1キロ・グラムあたり321~397ベクレルで、やはり8月20日の調査結果(同75~320ベクレル)を上回った。河川の泥にたまったセシウムが少しずつ東京湾に流れ込んでいるためとみられる。
—-
1月にNHKで放送された、知られざる放射能汚染 ~海からの緊急報告で指摘された通りの実態が浮かび上がっています。
河川からの汚染の流入により、東京湾での汚染のピークは2年後。少なくとも10年は汚染状態が続くといいます

海へ流れでたとしても、そこで汚染が無くなるわけではありません。

福島原発から海洋に放出されたセシウムは20~30年で日本沿岸に戻るといいます。
一度ばら撒かれ、拡散してしまった放射性物質を収集し、格納しておくことは計り知れないほどの困難を伴います。
放射性セシウムが何度も何度も半減期を迎え、その影響が1/1000になるまでに、およそ300年。
それまで、私たち人間や生態系のDNA、遺伝情報にダメージを与え続けます。

今まさに稼働しようとしている大飯原発。
万が一に事故を起こせば、東日本全体が人の住める土地ではなくなります。
そんな危険なものを推進しようとしている今の政府に、国民、国土を守ろうとする意志を感じることはできません。
日本には、国民や国土を守れる政治家はいないのでしょうか?

Related Posts:

Write a comment





*